© 2022 九州史学会